カラーリング後の髪の手入れ
      
色落ち防止のために
髪に優しく、目指そう美しく豊かな髪
カラーリング後の髪の手入れ

髪の毛が痛んでしまうという、リスクを負ってまでせっかく染めたのに、すぐに色が落ちてしまってがっかりしたことはありませんか?

ヘアマニキュアだったら表面を染めただけなので、元の色に戻ってしまったり、カラーリング(脱色)でしたら、気に入った色にしたのにどんどん色が抜けて金髪のようになってしまったりすると思います。


カラーを長持ちさせるためには
@カラーリングをした当日は、髪を洗ったりドライヤーで熱を当てたりしない

A髪に十分なタンパク質を蓄える
 (髪の中でタンパク質が染料と手をつないでいる状態なので色はとどまっている
  のです。タンパク質がなかったら染料を繋ぎ止めるものがないのです)

Bヘアカラー用のシャンプー、トリートメントを使う
 (専用のものにはキューティクルを締める効果があるんです)

Cシャンプーをする前に、シャワーでよく汚れを落とす
 (毛髪の汚れは70%くらいがシャワーで落ちるといわれています。汚れをよく
  落としてからだとシャンプー時間が短縮でき髪への刺激がカットできます)

Dなにより髪を傷めないように細心の注意を払う
 (痛んだ髪はスカスカで染料を留めておけないのです)











 
美髪netトップ
 
抜け毛
 
ダメージヘア
 
頭皮
 
白髪
 
髪にいいこと
悪いこと
 
カラーリング
 
シャンプーで
美しい髪に
 
髪にいい食べ物
髪型
 
ヘアケア商品一覧
 
抜け毛無料資料
 
リンク