冬の髪ダメージ
冬でも髪の毛にダメージがある?

夏の紫外線で髪の毛が痛むのは有名なのですが、実は冬でも髪には結構な負担がかかっています。
冬に髪の毛が痛むと思っていない人が多いので、冬の髪の毛が痛む主な原因を二つあげてみます。


髪の毛が痛む原因の一つは紫外線
夏は暑いので紫外線を意識しやすく、帽子や日傘で紫外線対策をしていると思います。 しかし冬にも紫外線は存在しているのです。

ゲレンデで雪焼けなんてしたことはありませんか?
雪の白さで紫外線は反射し、上から下から紫外線の嵐なのです。


もう一つの原因は乾燥
冬に髪の毛が痛むもう一つの原因は乾燥です。 冬は寒く乾燥して肌がガサガサになったりしますね。 肌だけではなく髪の毛も乾燥によって水分を奪われ、パサパサになってしまうのです。
水分不足になっているところに紫外線が当たってしまって、冬の髪の毛はパサパサボロボロになってしまうのです。


冬のダメージケアは、なんといっても水分を保つことが大切です。 外出する前に洗い流さないトリートメントなどで髪の表面をコーティングし、水分を逃がさないようにしましょう。
また、帽子をかぶり紫外線から髪の毛を防御するのも有効です。








 
美髪netトップ
 
抜け毛
 
ダメージヘア
 
頭皮
 
白髪
 
髪にいいこと
悪いこと
 
カラーリング
 
シャンプーで
美しい髪に
 
髪にいい食べ物
髪型
 
ヘアケア商品一覧
 
抜け毛無料資料
 
リンク