毛先が細くなる
細い毛先

キレイに艶があるまっすぐな髪の毛なのに、毛先が極端に細くなって、くるんと丸まっているのを見たことはありませんか?
毛先が丸まっているということは、その毛が釣り針のように他のまっすぐな髪の毛を巻き込んで、絡まったりハネたりする原因となってしまいます。
髪の毛が絡まると、それだけ枝毛になってしまう可能性が増えてしまいます。

この毛先の細い毛は一体どうしてできるのでしょうか


 
栄養不足で毛先まで栄養が行き届いていない

体に必要な栄養素が足りないと、もちろん髪にまわされるはずの栄養も少なくなります。
そんなに少ない栄養が毛先までキチンと行き渡る訳もなく、栄養のもらえなかった毛先は力なくやせ細ってしまいます。 そして真っ直ぐな状態を保つことができずにヘナヘナと曲がってしまうのです。


 
頭皮の血行の流れが悪い

頭皮にはたくさんの毛細血管が走っており、髪に必要な栄養素はこの毛細血管によって毛根へ運ばれています。 血液の流れの悪い人は毛細血管の隅々までキチンと栄養を運ぶことができないのです。
血行の流れはタバコを吸うことや、運動不足によって悪くなります。髪のことを考えるならなるべく喫煙を控え、適度な運動をしましょう。
またシャンプーの時に頭皮を優しくマッサージしてあげることも血流アップに繋がります。


 
毛穴に皮脂が詰まっている

毛穴に皮脂が詰まり、さらにそれが固まってしまうと髪の毛に栄養がいきわたらず、髪の毛はやせ細ってきてしまいます。 それが続くと栄養をもらえない髪の毛は抜け落ちてしまうことになります。


 
枝毛の毛先がはがれ落ちた

枝毛となってしまった毛先がさらに痛み、枝分かれした片方が切れ落ちてしまったあと残ったほうがそのまま成長を続けていると毛先が半分しかないので細くなります。
ダメージを受け、枝毛となった毛の残りが、さらに他の毛を巻き込んで絡まり、また新たな枝毛を作り出すという悪循環になってしまっています。










 
美髪netトップ
 
抜け毛
 
ダメージヘア
 
頭皮
 
白髪
 
髪にいいこと
悪いこと
 
カラーリング
 
シャンプーで
美しい髪に
 
髪にいい食べ物
髪型
 
ヘアケア商品一覧
 
抜け毛無料資料
 
リンク