シャンプーの仕方
髪に優しいシャンプー方法

髪の毛に関する悩みの解決方法の一つは、実はシャンプー方法にあったりします。
なので、ここでは髪の毛が喜ぶシャンプーの仕方をご紹介します。


 1 髪の毛を濡らす前に絡まっている髪がないように、優しく丁寧にブラッシングします


 2 ぬるま湯を髪によくかけ、表面の汚れを綺麗に流します。
   (41度前後が一番痛む温度と言われていますので、それよりぬるくします)
   この時、下を向いている人も多いと思いますが、なるべく上向きのほうが洗いやすいと思います


 3 シャンプーを手に取り、よく泡立てます。
   シャンプーを直接髪や頭皮にかけるのは、よくありません。


 4 泡立てたシャンプーは、生え際から頭頂部に向かって、地肌を優しくマッサージするように洗って
   いきます。シャンプーをするのは地肌をキレイにするためなので、毛先のほうはそんなに洗わなく
   ても大丈夫でしょう。 間違っても爪をたてたり、せっかちにガシガシ洗ったりはしないでください。
   頭皮を傷つけてしまっては逆効果です。
   洗い忘れが多い、もみあげの部分も優しく洗ってあげましょう。こめかみの部分にはツボがたくさん
   ありますので、マッサージ効果で血流もアップします。


 5 ぬるま湯でよーく洗い流します。 シャンプーのすすぎ残しがあるとフケの原因にもなるので両手を
   使って生え際や、耳の後ろ、後頭部も十分に流しましょう


 6 コンディショナー(リンス)、トリートメントなどをします。
   一般的にコンディショナー(リンス)はつけてから五分以内に、トリートメントは5分以上おいてから
   流すと言われています。 どちらも髪の毛につけるものなので、頭皮にはつかないようにしましょう
   シャンプー同様、すすぎ残しがあるとフケの原因となります。


 7 タオルで髪の毛を挟み、軽く叩くように水分をとっていきます。
   髪の毛は濡れている時が一番痛み易いので、間違ってもゴシゴシ摩擦するように拭いたりしない
   でください。


 8 マイナスイオンドライヤーなどで髪の毛をすばやく乾かします。何度も書きますが、髪の毛は
   濡れている状態が一番痛みやすいので、濡れたままにしないようにしましょう。
   特に髪の毛が濡れたまま寝るのは絶対にいけません。


抜け毛対策シャンプーのページへ









 
美髪netトップ
 
抜け毛
 
ダメージヘア
 
頭皮
 
白髪
 
髪にいいこと
悪いこと
 
カラーリング
 
シャンプーで
美しい髪に
 
髪にいい食べ物
髪型
 
ヘアケア商品一覧
 
抜け毛無料資料
 
リンク